文春オンライン

「これがあると片付かない!」という収納家具は…さまざまなモノを収納するために必要な“奥行き”の目安とは

source : 提携メディア

genre : ライフ, ライフスタイル

どんな収納家具を選べば部屋はスッキリ片付くのか。一級建築士のしかまのりこさんは「部屋が片付かないというご相談者のお宅では、カラーボックスをお見かけすることが多いんです。でもカラーボックスの奥行きは30センチ程度しかありません。さまざまな大きさのものを収納するには、40センチは必要です」という――。

※本稿は、しかまのりこ『狭い部屋でも快適に暮らすための家具配置のルール』(彩図社)の一部を再編集したものです。

写真=iStock.com/KatarzynaBialasiewicz ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/KatarzynaBialasiewicz

部屋が片付かない人が使っている収納家具の特徴

人が過ごす場所には、衣類やカバン・趣味の物など多くの物が集まっています。とくにリビング・ダイニングは家族全員が集まる場所ですから、寝室や子供部屋以上に物があふれ、散らかりやすくなります。その一方で、部屋が狭いと、これらの多くの物の収納場所も当然少なくなります。そのため、部屋が狭いというお悩みを抱える方の多くは、部屋が片付かないというお悩みも同時に抱えています。

実際ご相談にいらっしゃる方のリビング・ダイニングには、家族のコートや帽子、カバンや勉強道具、漫画や雑誌・雑貨やお菓子などといった多くのものが散らかっています。部屋が片付かないというお悩みを持つご相談者の部屋を拝見してみると、収納家具に関してある共通点があります。それはカラーボックスなど奥行の少ない収納家具を部屋に多く並べているということです。

カラーボックスは安価で容易にインターネットや量販店で購入できるというメリットがあります。しかし奥行が29センチ程度しかなく、収納できる物が限定されます。そのため、想像していたほど物が収納できないということになりがちです。奥行の少ない収納家具をいくら部屋に置いても、収納量が限られるため、部屋は片付かないのです。では、どのような収納家具を選べば、部屋が片付きやすくなるのでしょうか。

収納家具は奥行きで決める

家具選びでとくに重要なのは収納家具の奥行です。奥行が30センチ程度の収納家具は、単行本や漫画、学習用品などは収納できますが、少し大きめの雑誌や雑貨、おもちゃや小物などをまとめるかごや整理箱などは、小さいものしか収納できません。そのため、リビングであれば奥行が40センチ以上の収納家具を選べば、少し大きめの雑誌や様々なタイプの整理箱が収納でき、部屋が片付けやすくなります。たった10センチの奥行の違いが、片付けには大きく影響します。