文春オンライン

子育てを「手伝った」ことしかない岸田首相ら年配政治家たちはまったく知らない育休の現実「リスキリングは狭き道」

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会, 政治

1月末、岸田首相が参議院本会議で育休中のリスキリングを推奨したとされ、大炎上した。小児科医の森戸やすみさんは「女性の場合は妊娠経過が順調で出産にも大きな問題がなく、産後は体が順調に回復し、産後うつにもならず、たまたま我が子の健康・発達に問題がなく、周囲のサポートが得られる状況があって初めてリスキリングが可能になるでしょう」という――。

写真=iStock.com/maruco ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/maruco

参議院本会議の答弁の流れはどうだったか

2023年1月27日の参議院本会議で、岸田文雄首相が代表質問に対して「育児中などさまざまな状況にあっても、主体的に学び直しに取り組む方々をしっかりと後押しします」とリスキリングを推奨した結果、「炎上」しました。「育休は休暇ではないんだから、学び直しをする時間なんかない」「現実の育児を知らないから、そんなことを言っているのだ」という意見があふれ、それがニュースにもなったのです。

最近よく見かけるようになった、この「リスキリング」という言葉ですが、2022年10月に岸田首相が所信表明演説で「リスキリングに5年間で総額1兆円を投じる」と話したときには、あまり話題になりませんでした。SNSでは「リスをどうにかするのかと思った」という投稿を見かけましたが、「リ」は再び、「スキル」は技術という意味なので、再び技術を磨くという意味です。

ADVERTISEMENT

1月27日の参議院本会議の答弁をきちんと確認すると、代表質問で自民党の大家敏志参議院議員が「この間(産休・育休中)にリスキリングによって、一定のスキルを身に付けたり、学位を取ったりする方々を支援できれば、子育てしながらもキャリアの停滞を最小限にしたり、逆にキャリアアップが可能になることも考えられる」ので「大胆なこども政策を検討する中で、たとえば、リスキリングと産休・育休を結び付けて、支援を行う企業に対して、国が支援を行うなど」はどうかと総理の考えを聞きました。その返答として、総理が冒頭の発言をした結果、炎上したのです。

関連記事