文春オンライン

「血だらけの女性にかぶさり」レジ待ち客4人を“テントの杭”で襲撃 逮捕の男「事実無根」と否認も…かばんから別の杭

source : 提携メディア

genre : ニュース

 

買い物客でにぎわうスーパーで、4人が突然襲われる事件があった。

事件のあったスーパーには臨時休業の張り紙が

事件のあったスーパーには、朝から臨時休業の張り紙が貼られていた。

ドアの張り紙を見て去って行く客の姿も

一夜明けた10日、ドアに張られた臨時休業の紙を見て、去って行く客の姿が多く見られた。

夕食時間帯のスーパー「逃げて逃げてって…男が店員さん突き刺してる」

事件は大阪メトロ・喜連瓜破(きれうりわり)駅から約700m離れた住宅地にある、夕食時間帯のスーパーで起きた。

 

レジに並んでいた女性は、当時をこう振り返る。

 

事件を目撃した女性:
「逃げて逃げて」って言うてるからね。女の子がね。男が店員さんに突き刺してる。うわ、これはやばいと思って、とっさに逃げたんです。

殺人未遂の現行犯で逮捕されたのは、無職の56歳の男。スーパーの店員が警察に通報した。

「刺されている人がいるから、すぐに来てください」と通報

警察に通報した店員:
女の人が血だらけで転んでいて、男の人がかぶさっていた。刺されている人が居るから、すぐ来てくださいと(通報した)。

男は、85歳の女性を、テントを固定するために使われるような「ペグ」と呼ばれる長さ25cmほどの金属製の杭で刺し、頭の骨を折るなどけがをさせた疑いが持たれている。

 

被害にあった女性の夫:
(買い物に出て)1時間経っても帰ってこないからおかしいなと。誰か切られたらしいと。それでびっくりして見に行ったら、妻だった。

 

レジで刺された女性のほか、店員の男性(40)や客の男性(57)、客の女性(52)が重軽傷を負った。

男は調べに対し、「人を刺したということで逮捕されていますが、そのことについては全然知りませんし、事実無根です」と容疑を否認している。

しかしその後の捜査で、男のかばんの中から、犯行に使われた物とは別の金属製の杭(ペグ)が見つかったことがわかった。

警察は事件の詳しい経緯を調べている。

(「イット!」4月10日放送)

「血だらけの女性にかぶさり」レジ待ち客4人を“テントの杭”で襲撃 逮捕の男「事実無根」と否認も…かばんから別の杭

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー