文春オンライン

source : 提携メディア

田中は刑死したこの死刑囚について「備考」欄の末尾で、信仰が篤いだけではなく、性格は温和、獄則もしっかり遵守し、年も50を越え、思慮分別もあり、長く監獄に拘禁しておいても逃走を企てる心配もないなどから、「死刑不必要」と刻むように記す。

獄則を遵守し、教誨に耳を傾け、それに応じた死刑囚に田中は「備考」欄の末尾に「称名念仏怠りなき」「可憐なる囚人」「獄則をよく遵守し」「惜しむべし」などと記すことが多く、言外に生命を奪うことは認め難いというニュアンスがにじむ。

財産分与を断られて凶行に手を染めた男

しかし死刑囚のだれもが教誨を受け容れたわけではない。

ADVERTISEMENT

岐阜県出身の死刑囚(犯行時40歳)は熊本で知り合った女性と対馬へ渡り、夫婦同様の生活をしていたが、生活費のために不動産など資産のある女の実父(東京市四谷区在住)にしばしば虚言を弄(ろう)して金を送らせていた。

2人は1900(明治33)年11月ごろに長崎に移住して鮮魚・酒小売店を営んでいたが、数カ月で失敗した。生活費にも困っていた折り、男は娘の父親が不動産分与の意思があることを知った。男はすぐにでもそれを実行するようにと女に迫り、上京した娘が父に懇願したが、存命中の財産分与はできないと断られた。冷たく扱われたと思った娘は、長崎に帰って男に父の生存中には財産は得られないと伝えた。

男は娘の父を殺めて財産を奪うしかないと決心し、父親の住まいの間取りや構造を娘からくわしく聞き、1903(明36)年9月20日深夜に父親宅に忍びこみ、玄関脇の3畳間で寝ていた父親と、気づかれた父親の妾の2人を持っていた仕込み杖で斬殺した。謀殺と故殺だった。

執行前最後の教誨すら「要らん」と拒否

高等小学校卒業程度の教育のあった男は、一時キリスト教を信じていたようだと田中は記しているが、それ以上のことには触れていない。刑の執行年月日も手記にはないが、1904(明治37)年半ば以後と思われる。田中はしかし、この男の「心理」については厳しい。

関連記事