文春オンライン

8万人超の少年が食い物にされていた…夜のキャンプ場でボーイスカウトが受けた性的虐待の実態

source : 提携メディア

genre : ニュース, 国際, 社会

賠償額は少なくとも約3300億円に

113年の歴史を持つ米ボーイスカウト連盟(ボーイスカウト・オブ・アメリカ、以下「BSA」)で、過去数十年間にわたり少年たちへの性的虐待が繰り返されていた。海外メディアは、当時少年だった被害者の証言を相次いで報じている。

写真=iStock.com/hraska ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/hraska

米ニューヨーク・タイムズ紙によると、BSAは2020年2月、性的虐待を受けていたとする訴訟が相次いだことで、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当する)の適用を申請。同紙は、過去80年間に性的虐待を受けたとする元スカウトたちの申し立てが約8万2000件寄せられ、賠償額は少なくとも24億5000万ドル(約3300億円)に上ると報じている。

ボーイスカウトは1907年のイギリスで発祥した組織であり、キャンプやハイキング、集会や街頭での慈善募金活動などを通じ、自立性や社会性の発達、サバイバル知識の習得、そして健やかな心身の成長などを目指す。

ADVERTISEMENT

米タイム誌によるとBSAは、会員数が減少傾向にある現在でも、約240万人のスカウトと約100万人の成人リーダー・ボランティアが所属する大規模な組織。主に成人男性がリーダーを務め、小学生から20代前半までの男子を中心としたスカウトたちを率い、山地でのキャンプや集会などを取り仕切る(スカウトは厳密にはリーダーを含むが、本稿では簡便のため少年を指す)。

ボーイスカウトで一体何が行われていたのか。タイム誌は、被害者のひとり、ジェームズ・クレッチマーさんの事例を詳しく報じている。

みんなが寝静まるとテントの中で異変が起きた

取材当時56歳のクレッチマーさんは性的虐待を受けた当時、11~12歳だったようだ。同年代のほかのスカウト仲間とともに、ボーイスカウトキャンプで行われた宝探しのイベントに参加していた。

リーダーの男は、少年たちに別々の座標を与え、最も早く到達したスカウトにご褒美としてキャンディーを与えると約束していた。見事一番乗りを果たしたクレッチマーさんだが、「振り返ってみると明らかですが、その座標はすべて、スカウトリーダーのテントにつながっていたんです」と語る。

関連記事