文春オンライン

35年前から…「女を知る前に男と性体験してしまった」ジャニー喜多川氏に弄ばれたと綴った北公次らアイドルの悲痛な叫び

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会, 芸能

note

YouTubeもSNSもない35年前、元所属タレントが深刻な性加害を実名で告発していた。なぜ報道メディアがそれを大きく取り上げてこなかったのかというと、事務所への忖度(そんたく)という側面に加えて、北がジャニーズ事務所を辞めてからの経歴も影響したと考えられる。北はアイドル時代から薬物に手を染め、1979年に覚醒剤取締法違反で逮捕されている。クスリでラリっていたような前科持ちの証言は信用できない。メディアがそう判断した部分もあっただろう。

さらに北はこの『光GENJIへ』シリーズで告発を続けながら、2002年にはジャニーズ事務所と和解した形でフォーリーブスを再結成している。2012年に病気で亡くなった際には、ジャニー喜多川とメリー喜多川に対して感謝の言葉も残しているので、喜多川姉弟の責任を問う意志があったのかは、疑わしくもある。

これは岡本カウアンの会見で、彼がTwitterで「ジャニーズ事務所に訴えられました」と虚偽の投稿をしたことが指摘されたのと同じで(本人は多くの人にクリックしてもらい震災被害への寄付をする目的だったと回答)、証言に信憑性があるかということはチェックすべきだろう。

ADVERTISEMENT

覚醒剤で捕まったが性被害の告発には誠意があった

しかし、北公次が自分にとってなんのメリットもない性被害について綴ったのは、この本の仕掛け人でもあったAV監督・村西とおるの意向もあるだろうが(村西はジャニーズ事務所と対立していた)、そこには自分のような被害者を出したくないという“一分の魂”があったからだと思われる。

「おそらくジャニーズ事務所のなかでは今もきっとこれと同じことが行われているだろう。すべてをここで書き記すことがこの書のつとめでもあるならば、あの事実を記すこともやはり避けて通ることはできない」
『光GENJIへ 元フォーリーブス北公次の禁断の半生記』(データハウス)

関連記事