文春オンライン
「100年後も生き残る企業のためのDX」~ マルハニチロ、カルビーの事例考察 ~

「100年後も生き残る企業のためのDX」~ マルハニチロ、カルビーの事例考察 ~

2月27日(火)オンラインLIVE配信

PR

≪企画趣旨≫

日本国内には、創業100年を超える企業が数多く存在します。
企業が長く経営を続けるためには成長し続けていかなければなりません。そのためには、経営環境や事業環境の変化に素早く対応し、新たなサービスや顧客のニーズを先取りした価値を創出することが必要不可欠です。

今回は、急速に社会や企業に広がるDXに焦点を当て、長期的な目線でDX推進体制を構築するために企業が持つべき考え方とDXの進め方をひも解きます。

「100年後も生き残る企業のためのDX」と題し、「不確実なビジネス環境への対応」「リーダーシップ」「企業価値向上」をキーワードに、DXに精通した有識者が、現状の整理、あるべき姿、課題克服のためのDX推進やロードマップについて、食品・消費財メーカーのデジタル変革事例を交えて、それぞれの視点で解説します。

≪開催概要≫

日  時 2024年2月27日(火) 14:00~16:40
会  場 ZoomウェビナーによるオンラインでのLIVE配信
参加対象 企業経営者、経営幹部、経営企画、DX推進、経理・財務部門など
定  員 500名
参加費用 無料(事前登録制)
主  催 文藝春秋
協  賛 Sansan株式会社

申し込み

≪プログラム≫

〇基調講演(14:00~14:40) 
「デジタル革命の先にある新しい社会」
~ データやデジタル技術は未来社会にいかなる価値をもたらすのか ~

慶應義塾大学
医学部 医療政策・管理学教室 教授
宮田 裕章氏

2003年東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻修士課程修了。同分野保健学博士(論文)。早稲田大学人間科学学術院助手、東京大学大学院医学系研究科 医療品質評価学講座助教を経て、09年4月東京大学大学院医学系研究科医療品質評価学講座 准教授、14年4月に同教授に就任(15年5月から非常勤) 。15年5月から慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室 教授、20年12月から大阪大学医学部 招へい教授に就任。著書に「共鳴する未来 データ革命で生み出すこれからの世界」)河出新書、「データ立国論」(PHP新書)などがある。


〇DX推進事例講演(14:40~15:10) 
1万2000時間の業務を削減したマルハニチロに迫る!
「紙改革」とDXの取り組みをひも解く

マルハニチロ株式会社
DX推進部長
古田 昌代氏

マルハニチログループのDX推進及び情報システムの両面にて、新しい働き方の導入、デジタルだけにこだわらないトランスフォーメーションの実践、IT/DX人材の育成、そしてセキュリティ対策など中長期的な戦略を立て推進を実施。入社は、マルハニチロの子会社にあたるマルハニチロソリューションズにて、システム企画、開発、運用を担当、2018年にマルハニチロの情報システム部へ転籍、2022年より現職のDX推進部の部長。


〇課題解決講演(15:25~15:50)
請求書業務のデジタル化から、全社のDX推進を加速する
~ 経理DXが組織にもたらすインパクト ~

Sansan株式会社
Bill One事業部 マーケティング部
ユーザーマーケティンググループ
田中 麻結氏

新卒で大手インターネット企業に入社し、広告代理店の担当営業を経験。Sansan株式会社に入社後、インボイス管理サービス「Bill One」のフロントセールスとして、200社を超える企業のバックオフィスのDXを支援した。現在は、Bill One導入企業の月次決算業務のさらなる効率化や法対応などの課題解決に向けて、新機能の提案など拡販活動を行う。


〇特別講演(15:50~16:40)
「未来を切り拓く変革 ‐ カルビーで得た実践知」
~ DX推進のカギを握る一人一人のマインドイノベーションと人材育成 ~

株式会社中田康雄事務所 代表取締役
(元カルビー株式会社 代表取締役社長兼CEO、CIO)
中田 康雄氏

30年という長期間にわたってカルビーの経営に従事してきた経歴を持つ。工場等の生産管理をはじめ、人事・労務・情報システム・財務・経理・経営企画など手広く同社に貢献、また香港・中国などのアジア地区関係会社を管掌してきた。副社長就任以降はCFO/CIOを兼任、ERPシステムの導入、JAGABEEのビジネスモデル構築、PEPSICOとの戦略提携及び、東証一部上場を目指すべく経営改革に取り組んできた。現役ビジネスマンを引退後は自身の経験を次世代の経営者に伝えるべく「中田塾」を創設。これからの日本を背負う若き起業家・経営者を支援しているほか、数多くのIT関連セミナー等で登壇している。