文春オンライン

連載THIS WEEK

「肉はカチカチ」「日本で一番のぼったくり」歌舞伎町の“ニセ鳥貴族”がついに摘発 本家の大倉社長は「やっとです!」と安堵

 新宿歌舞伎町で怪談のように語り継がれてきた「恐怖の焼き鳥店」が当局の手に落ちた。

 警視庁暴力団対策課は1月28日、偽計業務妨害の疑いで、人気焼き鳥チェーン「鳥貴族」の系列店をうたってぼったくり行為をしていた東京・新宿歌舞伎町の焼き鳥店の実質経営者、高橋謙治容疑者(58)ら男女15人を逮捕した。

「逮捕された15人のなかには警察当局が準暴力団としてマークする『チャイニーズドラゴン』の関係者もいました。15人が関わっていた2つの店舗は、鳥貴族の店舗の前で『鳥貴族は満席。系列店なら空いている』などと嘘を言って自分たちの店に案内し、鳥貴族とは似ても似つかない料理で高額料金をふっかける手口で歌舞伎町の客に恐れられていました」(警視庁担当記者)

ADVERTISEMENT

新宿歌舞伎町

座っただけで3000円、店名は数カ月ごとに変更

 全品360円均一で低価格、高価値をモットーに、全国で数百店舗を構える鳥貴族。かたやこの偽系列店は高価格、低価値が常で警視庁には20件以上の相談が寄せられていたという。

「座っただけでお通し代、席料、週末料金などと称して各1000円、計3000円を加算されてしまう。店名だけは『とりいち』などと『鳥』の名前を冠して少し被ってはいましたが、それも数カ月ごとに変える始末で、共通点はほぼゼロでした」(同前)

 ただ、人の口に戸は立てられない。ネットではかなり前から怨嗟の声が巻き起こっていた。

関連記事