文春オンライン

俳優・水上恒司さん 役者の礎を築いた高校時代語る「演劇の県大会で役者になりたいと思った」「現場では山Pと呼ぶ」

source : 提携メディア

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ

note
 

水曜10時のドラマ「ブルーモーメント」に消防士役で出演している俳優・水上恒司さんが5月、長崎の母校を凱旋。話題のドラマや映画に次々と出演し、今や飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍中の水上さんの芝居の原点は、長崎での高校時代にまでさかのぼる。

俳優・水上恒司の礎を築いた高校時代

6年前に長崎・創成館高校を卒業した水上さん。今回空港で出迎えたのは野球部の監督とコーチだった。

母校での単独インタビューに応じた水上さん

水上恒司さん:
緊張感がすごい。ちょっと生きて帰れるかなという感じで…当時ではありえないことで、有難いこと

ADVERTISEMENT

小学生からプロ野球選手を夢見て野球漬けの毎日。甲子園を目指して、長崎県諫早市にある創成館高校に入学した。ここでの経験が俳優・水上恒司の土台を作ったと言っても過言ではない。

水上恒司さん:
社会に出たら自分のことだけ考えていいわけでない。そんな当たり前のことをこの学校での生活で教えてもらえたことが大きい

在校生が大歓迎でお出迎え

野球部ではキャッチャーで副キャプテンだった水上さん。創成館高校野球部の歴代キャッチャーは、寮生活では「監督の洗濯係」に任命されるという。目配り気配りが必要で、全体を俯瞰(ふかん)して見る力が求められるキャッチャー。監督の洗い物を洗濯し、畳むという何気ない作業も、「気配りがないとできない」と稙田監督は話す。私生活がしっかりできて初めて野球でも生かされる。水上さんは常に謙虚で真面目に取り組んでいたという。

高校時代を振り返る水上さん

水上恒司さん:
生まれ育った土地も違えば色んな価値観を持った120人が集まり、一緒に共同生活をしていた。色んな衝突や価値観の違いでギャップを感じるわけだが、変に目立つわけではなくて周りと共存しながら自分の価値を見出したり、生きる術や生き方を見つけていくことの大事さは創成館時代に学んだ

演劇の県大会で「役者になりたい」

懐かしのグランウンドにも足を運び、後輩たちに激励の言葉を送った。

懐かしのグラウンドでキャッチボール

水上恒司さん:
多少無理してでも、このひと夏を一生懸命どれだけ必死にやれるか。野球を辞めた身として、かなりの期間にどういう風な姿勢で野球と向き合ったかというのが今にかなり生きていると思う