文春オンライン

池袋暴走事故遺族を「金狙い」などとSNSで中傷した容疑 交通事故鑑定人らを書類送検

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

note
警視庁本部=東京都千代田区

 2019年4月の東京・池袋の乗用車暴走事故で妻子を亡くした松永拓也さん(37)らをX(旧ツイッター)で中傷したとして、警視庁捜査1課は4日、侮辱と名誉毀損(きそん)容疑で、交通事故鑑定人として活動する一般社団法人「法科学解析研究所」の石橋宏典代表理事(57)=福岡市=ら2人を書類送検した。起訴を求める「厳重処分」の意見を付けたという。

 ほかに書類送検されたのは、一緒に配信していた埼玉県川口市に住む50代の派遣社員の男。

 送検容疑は23年11月19日、Xの音声チャット機能で、「金狙い」「あのボケ」などと松永さんを侮辱。交通犯罪遺族会「あいの会」代表理事の小沢樹里さん(43)や12年の京都府亀岡市暴走事故で娘を亡くした中江美則さん(60)にも「他の遺族と性的関係を持っている」などと発言し、名誉を傷つけた疑い。

ADVERTISEMENT

 同課は3人から告訴状の提出を受け、捜査していた。

 同研究所のホームページによると、石橋代表理事は1000件以上の交通事故の鑑定に関わり、警察や裁判所などからも委託を受けていた。テレビ番組にも多数出演していた。

 松永さんら3人は4日午後、連名で「虚偽をあたかも事実のように公共の場で発言されました」「犯罪被害者がさらに誹謗(ひぼう)中傷を受けるような二次的な犯罪が起こらないよう、声を上げ続けていきます」などとするコメントを発表した。

池袋暴走事故遺族を「金狙い」などとSNSで中傷した容疑 交通事故鑑定人らを書類送検

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事