昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「糖質制限で老化する」は本当か

衝撃の研究結果を徹底検証する

2018/08/24

たんぱく質を摂りすぎると老化が促進されるという研究も

 適切な食事療法のあり方について研究する金沢大学大学院医学系研究科内分泌・代謝内科学分野教授の篁(たかむら)俊成医師はこう話す。

「糖質制限をすると、たんぱく質あるいは脂質の摂取量が必然的に増えることが懸念されます。そうした食事を長期的に摂り続けると人間はどうなるのか、実はまだよくわかっていないことが多いのです。

 たとえば、同じカロリーで糖質を減らして脂質の多い食事を摂るとどうなるか、エネルギーの出入りを厳格に測定した研究があります。それによると、同じカロリーの脂質制限食と比べて体重は減ったものの体脂肪は減少せず、体のたんぱく質の量が減っていました。つまり、糖質を控える分、脂質を摂り過ぎると筋肉がやせる可能性があるのです。

 次に、糖質を減らしてたんぱく質の多い食事を摂るとどうなるか。マウスの研究で、肝臓へのたんぱく質負荷によりインスリンの効きが悪くなって高血糖になり、脂肪肝にもなりやすい結果となりました。それだけでなく、たんぱく質を摂り過ぎると老化を促進する可能性があり、ヒトでもがんや糖尿病になって死亡するまでの期間が短くなるという研究があります。

 こうしたメカニズムが働きうることを考えると、やはり極端な糖質制限はおすすめできないというのが、私の考えです」

©iStock.com

 ただ、一方でこんなデータもあるという。

「長期間に亘って健常人を追跡した『北陸コホート研究』では、糖質摂取量が多い人ほど約10年後に糖尿病が増えるという結果でした。ただし全員ではなく、元々肥満のある人で糖尿病が増えていたのです。この研究は糖質制限の効果を示すものではありません。ただ、太っている人は、糖質の過剰摂取を避けたほうが糖尿病を予防できるかもしれません。こうした大規模な研究を行うと、動物実験や少人数の研究とは異なる結果が出ることも少なくありません。それに食習慣は民族差があるだけでなく、国内でも炭水化物摂取量に地域差があります。糖質摂取を減らせば本当に糖尿病の合併症や死亡リスクが減るのか、日本でも大規模な追跡調査をする必要があるでしょう」