昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

抜擢の理由は星野仙一流のフォロー?

「与田がNHKで解説者の仕事を得ることができたのは、短命だった与田の野球人生に対する星野流のフォローだと言われたものです。日曜夜のキャスター就任も、それまでの面々の現役時代の“格”を考えれば正直、違和感があり、星野さんの力は強いんだなぁ、と感心しました(笑)」(ベテラン野球記者)

 星野、山本、原といえば、「侍ジャパン」の監督経験者でもある。与田も09年、13年のWBC日本代表の投手コーチを務めた。さらに16年からは星野氏が球団副会長に就いていた楽天に呼ばれ、一軍投手コーチを2年、今季は二軍投手コーチを務めた。

「周りに自分の言うことを聞く人間ばかりを集めた“お山の大将”だと評された星野さんですが、それは仕事の世話までする面倒見の良さと、実業界との太いパイプがあってこそ。もちろん本人の努力もあり、評判のいい男ですが、与田の人生は星野さん抜きでは語れません」(同前)

 また、中日の監督選びはオーナーの専権事項なのだが、

「白井オーナーが彼を評価しているんです。途中入団ではない中日OBで、親会社内に今もアレルギーがある落合(博満)色がない人物、という条件にも合っていた」(同前)

 死せる星野氏が敷いたレールの上を与田氏は走っていく。