昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

口ぐせは「今オレは」

 山下氏は1965年生まれ。父は検事から弁護士に転じ、岡山市内で事務所を構える裕福な一家だったという。県立岡山操山高校から東大法学部に進み90年卒業。在学中に司法試験に合格して父と同じ検事になった。現在東京地検特捜部長を務める森本宏氏と同じ92年の任官である。

 政治家転身のきっかけは民主党政権時代の2010年に起きた尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件。中国人船長が処分保留で釈放された際に、仙谷由人官房長官が「那覇地検が判断した」と述べたのを見て憤激した。「政治的判断の責任を検察に丸投げして、冗談じゃねえ」と即座に辞任を決意、自民党の公募に応じた。2012年初当選の「魔の三回生」だが、仲間と群れない一本気で、渾名は「漢(おとこ)山下」。ルックスには自信があるらしくジェルで髪の毛をしっかりと塗り固め、鏡でチェックする様がしばしば目撃される。同氏をよく知る女性記者は「ちょっとナルシストっぽいところがあるかも」と笑う。

 最近、法務省内でついた新たな渾名は「今オレは」。打ち合わせ等で「今オレは、こうすべきだと思う」と自分の考えを連発するためだ。法務省事務方トップの黒川弘務事務次官は9期上。古巣の先輩たちを従える立場に、気が張りすぎているのだろうか。

 所属は石破派だが、安倍首相は総裁選で戦った石破茂元幹事長の足元を分断しようとあえて一本釣り。その山下氏の空回りが続けば、目玉法案の行方が混沌とする「裏目」の一手となりかねない。