昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

立件に結びついた“タイムマシン操作”

「立件の立役者は、今年から捜査に加わった捜査一課特命捜査対策室。未解決事件、いわゆる『コールドケース』専門の捜査班です。09年に新設されて以来、塩漬けになっていた数々の難事件の解明にこぎ着け、現在は60人前後の一大部門に成長。100以上の事件を担当しています。特に、当時は不十分とされた証拠に最新の科学的知見を適用することで立件に結びつける『タイムマシン捜査』で威力を発揮してきました」(同前)

 特命捜査対策室の設置は殺人罪などの時効撤廃、強盗致死罪などの時効延長が定められた10年の刑事訴訟法改正を見越してのもの。この時、傷害致死罪についても時効が延長されており、亜衣ちゃん死亡事件も時効を免れた。

 もう逃亡者に安眠は許されない。