昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/05/06

 ちなみに、単体女優さんのデビュー作品の40パーセントは狛江市のスタジオで、40パーセントは練馬区のスタジオで撮影されています。使われているスタジオによって、その作品の予算感=女優への期待度が見えてしまうという事実はここだけの話にしておきましょう。

奇怪な撮影スタジオの数々……

 AVのスタジオは訳あり物件も多いです。

 埼玉県には以前一家惨殺の現場だったというスタジオや、朝、スタッフさんが入ったらホームレスが首吊りしていたというスタジオが存在します。

 別の意味で訳ありな怖い物件もあります。新宿区にあるスタジオはとても豪華な一軒家なのですが、物置のような扉を開くと、地下に通じる細い階段が現れます。降りていくと、そこに広がるのはバカラやポーカーなどカジノの舞台。その奥に扉の幅が1メートルはある金庫があり、まるで映画の世界。地下に隠されたカジノの部屋……これ以上は言わないでおきましょう。

©iStock.com

 都内某区にあるスタジオは、表向きは普通の一軒家。その建物は3階建てなのに、なぜか5階まで表示されているエレベーターがあります。5階という表示を見たら、階段を上がるよりもエレベーターに乗りますよね? でも、このエレベーターは1回中に入ると、中からは開けられない仕組みになっているんです。これ、いったい何のために作ったんでしょうね? 突入してきた何者かを閉じ込めるために……ごにょごにょ。

 また、そのスタジオの押し入れを開けると、床に正方形の切れ込みがあり、爪をひっかけて開けるとハシゴが現れます。そのハシゴを下ると、天井の高さが1メートルほどしかない狭い牢屋がふたつありました。これを見た瞬間、「マジでこんなところがあるんだ……」と震え上がりました。