昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ホークス選手の間で呪いの絵って言われてますよ」

 しかし喜んだのも束の間、友人の福岡ソフトバンクホークス石川柊太投手から悲報が入った。

石川投手

「ホークス選手の間で呪いの絵って言われてますよ」

 え?

 というのも、実は僕がホークス先発投手の絵をSNSに載せ始めてから、つまり開幕から5試合連続で先発投手に勝ちがつかなかったのです(もちろん関係性があるという事でボケのトーンですよ。多分……)。

 あれ?

 思ってた流れと違う! 書道家・原愛梨さんの様に、選手本人から「すごい!」とメッセージ頂ける事に憧れていたのに……。

 僕の場合は選手本人からは「呪いの絵」呼ばわりされ、ホークスファンの方からも、「敵チームの先発ピッチャー描いたらいいんじゃないですか?」と言われる始末。

 しかし、逆に考えてみればホークス選手の間でも僕が選手の絵を描いてる事が広まっている証拠じゃないか。

 エールは届いている! ホークス盛り上げに一役買えている!(ポジティブシンキング)

 しかしながら、このまま僕が描いた開幕ローテの6人全員に勝ち星がつかないのはさすがにまずいと勝手にプレッシャーを感じていた。

 ローテのトリはバンデンハーク投手。いつも以上に応援に力が入った。結果は、見事バンデンハーク投手に白星が付いてホークスが勝利(6月25日の西武戦)。しかも7回までノーヒットピッチングで大記録の予感すら期待させる快投だった。

 僕を呪いの絵の作者というレッテルからバンデンハーク投手が救ってくれたのだ。ありがとうございました、バンデンハーク投手!

バンデンハーク投手

 気が付いたら一喜一憂。自分が一番盛り上がっていた。

 例年とは違う今年のプロ野球。各球団、ファンの皆さんが、この状況でなんとか盛り上げようとしている。こういう状況だからこそ、野球の楽しさと、野球の大切さを改めて感じられた。

 今回ホークス選手の似顔絵を勝手に描かせて頂き、賛否両論はあったが、僕自身少なからずホークスファンの方々を盛り上げられたのではないかなぁという気になっている。

 今ではファンの人から「自分の似顔絵を描いてほしい」と連絡が来たり、なんとギャラリーの関係者からお願いをされて展示をさせていただいた!

 そして選手の皆さんの反応は……敢えて聞いていません。引き続き陰ながら応援させていただきたいと思っているところだ。

 僕も原愛梨さんの様に、ドーム内で個展を開き、僕のホークスグッズが出るのを夢見て今日も筆を手に取り、ホークス選手、ホークスファンにエールを送ろうと思う。

 では、最後にホークス優勝を祈願して工藤監督の似顔絵を。

工藤監督

 リーグ優勝に日本一になってこの似顔絵に両目を入れられる事だろう。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2020」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/39944 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(7枚)

+全表示

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー