昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/06/11

伊藤康、岡林、三好……楽しみだらけの若手野手

 次に外野手。伊藤康祐について「元々パンチ力があって、スイングスピードが速い。さらに右打ちやファウルで粘ることができてきました。ただ、右打ちの時に手先で打ってしまう。もっと下半身でタイミングを取って、しっかり振って右に打つ技術が身につけば、一軍で十分やれます」と語る。一軍候補筆頭か。

 岡林勇希について「去年、一軍を経験してインサイドを攻められたので、今、すごく意識しています。内角のさばきには段階があって、まず甘めを仕留める。次に厳しめをファウルにする。そして、厳しめを仕留める。でも、今は急に厳しめを仕留めようとしています。だから、ヒットが出づらい」と分析。「野手になって2年。まだ走塁も守備も安心できません。彼の目標は強いチームのレギュラー。大島と競争して勝つくらいにならないと」と課題は多く、期待は大きい。

 ドラフト6位ルーキー三好大倫について「京田と一緒で体を残す悪い癖がありますが、ここ最近、前でさばけるようになりました。彼も野手歴2年。やることはたくさんあります」と話した。渡辺勝について「ちょっと焦っていますね。簡単にヒットも打てるし、ホームランもある選手ですが、今は結果を欲しがって、バットではなく、体を振っている」と説明。マイク・ガーバーについて「課題は体。コンタクトもうまいし、ボールとの距離さえ取れれば、打てます。ただ、一軍で真っ直ぐに差し込まれ、フォークで攻められ、狙い球もどっちつかずになりました。しっかり体を作って、慣れることですね」とうなずいた。

 ベテラン勢は元気だ。遠藤一星について「守備も走塁も変わらず、やってくれています。打撃も決めるところで決めてくれる。全く心配していません」と信頼。藤井淳志について「良い所で使うようにしています。プレッシャーのかかるチャンスの場面です。あと、若い選手にアドバイスしたり、ベンチで一番大きい声を出したりして、本当に助かっています」と感謝だ。

 最後にリハビリ組。アリエル・マルティネスは上半身のコンディション不良で4月に登録抹消。「まだゴロ捕りの段階。ティーバッティングもしていますが、力が入らないようです」と時間がかかりそうだ。平田良介は6月2日の広島戦を最後に下半身のコンディション不良で別メニュー。「本人は大丈夫と言いましたが、大事を取りました。もうすぐジョギングを始めますし、復帰は遠くありません」と一安心。

 以上が野手18人の今だ。入れ替えが少ない中日。ただ、各選手の現在地を知ると、また見方も変わるだろう。間もなく交流戦が終わり、セ・リーグでの戦いが始まる。チーム一丸で乗り切って欲しい。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2021」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/45315 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(1枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー

文春野球コラム

中日ドラゴンズの記事一覧