トップ

「桜を見る会」前夜祭で振る舞われたのはどこの「寿司」? 5年前から錯綜する“安倍首相とすし”情報

まさに「すしミステリー」

 それにしても「久兵衛」のプライドを感じたコメントであった。このあと調べてみると2013年に次のような記事がいくつかあった。

「安倍首相、ポーランドで和食トップセールス」(日本経済新聞2013年6月16日)

©iStock.com

《レセプションでは東京などの有名料理人らが自慢のすしや天ぷらなどを振る舞ったほか、》

 調べてみると「銀座久兵衛」もいた。

 2014年のオバマ大統領との会食についても、首相サイドはホテルオークラ内にある「久兵衛」での会食を提案したが「すきやばし次郎」がモデルの映画を観たオバマ側が「次郎」を指定してきたと報道されていた。

「久兵衛」で昔話 「ハイ、シンゾー」

 そんないきさつのあとの4年後(去年)。元大統領となったオバマ氏が来日したときは「久兵衛」で会食している。

「オバマ氏『ハイ、シンゾー』 首相と銀座のすし店で昔話」(朝日デジタル2018年3月25日)

「銀座久兵衛本店」前で再び握手 ©︎JMPA

《「銀座久兵衛本店」の前で出迎えた安倍首相に、オバマ氏は「ハイ、シンゾー」とファーストネームで声をかけた。店の関係者によると、2人はカウンターに並び、中トロの刺し身や12~13貫のすしを食べたという。和やかな雰囲気だったという。》

 4年越しの久兵衛での会食だったのである。「久兵衛」は首相のお気に入りなのだろう。 

シェア
ツイート