トップ

連載THIS WEEK

「またあの人の尻ぬぐいかよ」 “総理に最も近い男”萩生田文科相の愚痴

「あなたたちは総理と簡単に話せないだろ」

 9月にさかのぼる。当選5回の萩生田氏は「今度の改造で閣僚になれなかったら細田派をやめてやる」とぶちまけていた。そんな声が首相に届いたか晴れて文科相になったが、萩生田氏は首相に弱音を吐いた。「私が文科大臣でいいんでしょうか」。念頭にあったのは加計学園問題。省内の文書に萩生田氏が「官邸は絶対やると言っている」などと語ったと記されていた。萩生田氏は自らの文科相就任での再燃を懸念したのだが、首相は「野党の追及は最初だけだから、大丈夫」と笑って返した。

 首相から背中を押され、勇んで文科省に向かった萩生田氏は、居並ぶ幹部にこう言い放った。「これまでもこれからも、私ほど総理に近い文科大臣は現れない。私が大臣でいる間に、皆さんがやりたいことをやってあげる。何でも言って下さい」。ぽかんとした幹部を前に、携帯電話を取りだし、首相にその場で電話した後、「あなたたちは総理と簡単に話せないだろ」と、最側近として首相との近さを“実証”したという。

 共通テスト中止を訴える高校生の署名約4万2000人分が文科省に提出され、野党は今後も攻め続ける。政治部記者は言う。「桜を見る会で叩かれ続けている首相が政策判断できるのか。萩生田氏も困っているはず」。首相と側近の苦悩は続く。

出典元

「元優等生」誘拐犯<伊藤仁士> 少女たちとの異様な共同生活

2019年12月5日号

2019年11月28日 発売

定価440円(税込)

シェア
ツイート