30人に囲まれ、サングラスの暴漢に襲われた!『反日種族主義』著者がぶちまけた「アンフェアな韓国社会」

「こいつを殺しに来た!」「懲役も覚悟している」

 そう叫ぶ男に襲撃されたのは、日韓でベストセラーになっている『反日種族主義』の共著者で、韓国・落星台経済研究所の李宇衍(イ・ウヨン)研究委員だ。李氏は12月18日、ソウルの日本大使館近くの路上で、集会を開いている最中だった。男は警備中だった警察官に取り押さえられ、事情聴取された。

ソウルの日本大使館付近で、市民から罵声をあびる李宇衍氏(12月18日)

 現場で事件を目撃した産経新聞ソウル支局長の名村隆寛氏が語る。

「李氏は、毎週水曜日に日本大使館前で行われている、元慰安婦を支援する団体が主催する“日本糾弾集会”に抗議しようと、10人くらいで小さな集会を開いていました。彼は、韓国で主流となっている『日本軍の慰安婦は性奴隷』という主張が事実に反しているという立場。

 この日は、『大使館前の慰安婦像の撤去』などを求めるプラカードを持って、静かにたたずんでいるだけの集会でした。ところが集会が始まると、李氏に抗議する30人ほどの人々が李氏を取り囲みはじめて、異様な熱気に包まれました」

 李氏の集会が始まって10分が経過したころ、事件は起きた。

「李氏が取材に集まった記者らと話していると、ガッチリした体型のサングラスをした初老の男が突然、李氏の前に飛び出して掴みかかり、2人は揉み合いになったのです。警察が李氏のそばで警備をしていましたが、虚を突かれた格好でした。スマホで現場からネット中継している記者らもいましたから、現場は騒然となりました」