トップ

河井案里“衝撃証言”「私は検事の前で自ら裸になりました」

「深夜、ホテルの部屋のドアをドンドン叩く音がしたので夫が覗き穴から見ると、ジャンパーを着た人たちが十数人いました。チェーン越しにドアを開けると『ここにいるのは分かってるんだ』と押し入ってきて、夫はもみあいで怪我をした。携帯を押収されました」

 こう自民党幹部に訴えたのは、公選法違反(買収)容疑で自身の秘書ら3人が逮捕された河井案里参院議員(46)。広島地検の強引な所業をアピールしたいようだが……。

事務所も最早機能していない案里氏 ©共同通信社

スマホを見ては落ち込む案里氏に友人は「そんなの見ちゃダメよ」

 秘書らが逮捕された3月3日、東京・永田町の議員会館でも河井夫妻の事務所の家宅捜索が行われた。11時に始まった捜索は17時半頃まで続いた。

 その後夫妻が身を隠したのはよりによって「桜を見る会」前夜祭の舞台となったホテルニューオータニ東京のガーデンタワー棟。通常よりワンランク上の「ニューオータニクラブフロア」で34階のデラックスルーム(通常価格は1泊9万4000円)の角部屋だった。

「2人が泊まった部屋は、50平米以上あり、リビングと寝室に分かれていて、東京タワーと赤坂御所が見渡せます。そこに、案里氏は女友達を招いて、ウニのクリームパスタやトマトパスタのルームサービスを取った。スマホを見ては落ち込む案里氏を、『そんなの見ちゃダメよ』と友人が慰めていました」(夫妻の知人)

3月11日に57歳になった克行氏 ©共同通信社

 その日の深夜に、冒頭の騒動があったという。克行氏と案里氏は、自民党幹部ら複数名にその様子を電話や対面で伝えたのだ。冒頭の報告には続きがある。

「私はその場で自ら裸になりました」

「夫が『弁護士に相談したい』と言っても『裁判所からの(携帯の)差し押さえ令状があるから、その必要はない』『逮捕するわけではないから、弁護士を呼ぶ権利はない。法務大臣だったくせにそんなことも知らないのか』と言われ、呼ばせてもらえなかった」

 さらに案里氏は、こんな衝撃の告白をした。

「検事から『着ているものを調べさせてもらう』と言われたので、『どうぞお調べください』と言って、私はその場で自ら裸になりました。生理用品は何層構造かになっているので、それもめくって中まで見せました」

シェア
ツイート