トップ

「肉片はジップロックに入れて、新聞紙で包みました」白石被告が語ったおぞましい遺体解体の実態

座間9人殺害事件 裁判傍聴レポート

「1日8時間の冷蔵庫のアルバイトは体力的にキツくはなかったんですが、面倒でした。バイトで物を運んだり、走り回るよりも、一人の女性を家に連れ込んで殺害し、解体をして遺棄する方が楽でした。(殺害して、解体することは)負担にはなったが、引き換えで得られる(失神後の強制性交の)快楽のほうが勝りました」

白石隆浩被告 ©文藝春秋

一貫して「楽をして生活をしたい」と語っていた

 2017年に神奈川県座間市のアパートから男女9人の遺体が発見された事件で、裁判員裁判が東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)で11月24日に行われ、強盗・強制性交等殺人などで起訴された白石隆浩被告(30)は被告人質問でこう答えた。これまでに9人の殺害に関する証拠調べが終わり、それを踏まえた総括的な質問が行われた。また、白石被告の母親の供述調書も読み上げられた。

 これまでの被告人質問では、弁護人に「黙秘します」という回答を連発していたが、この日は、すべてに答えていた。白石被告はこれまで一貫して「楽をして生活をしたい」と語っていたが、逮捕前の仕事である、SNSを使っての風俗のスカウトの仕事をしていたことについて弁護人から「自宅にいて、楽に稼げる仕事だと思ったのか?」と聞かれ、「はい、そうです」と答えた。しかし、売春をすることを知りながら風俗店に斡旋した職業安定法違反で逮捕されたことについて、「人生こんなこと、というか、出来事があるのか」と思ったようだった。

スカウト時代の白石被告

成功体験となった高校時代の”家出”

 事件前について、弁護人が質問をした。職業安定法違反事件で有罪判決が出た後、一時、父親と一緒に実家で暮らすことになったが、父親との関係はうまくいかず、父親からお金を無心しようとして、希死念慮があるように装っていたという。

「落ち込んだふりをしました。具体的には、『死にたい』と言ったり、『働いていく自信がない』などと言いました。また、父親が家にいることを知りながら、ロープを横に置いて寝たり、ロープをベランダのつり革にぶらさげて首を吊るふりをしました。父がこれを知って、心配させました。公園で首を吊ろうとしたり、20メートルの高さの橋まで行ったこともあります」

裁判が行われている東京地裁立川支部 ©渋井哲也

 なぜこんなことをしたのか。実は、白石被告にとって、成功体験となる出来事があった。それは高校生のときの家出だ。3回している。場所はそれぞれ北海道、北陸、山陰地方だった。このときは、両親に自殺系サイトを見て、練炭自殺をするグループに参加したことがあると伝えていた。

「父親とは不仲でしたが、家出後、態度が軟化し、お金を引っ張ることができました。お小遣いを引っ張れたのです」

シェア
ツイート