トップ

千葉ホワイト餃子、山形赤湯ラーメン、福島フラミンゴのいるレストラン…「ローカル外食チェーン」各県ベスト1決定《東日本編》

BUBBLE-B 2021/03/06 コメント

福井県「ヨーロッパ軒」(ソースカツ丼)

福井県「ヨーロッパ軒」総本店。建物自体がソース色をしている ©BUBBLE-B

福井県「ヨーロッパ軒」の「カツ丼セット」のソースカツ ©BUBBLE-B

「福井県内に十数店舗で展開する『ソースカツ丼』専門店、ヨーロッパ軒。通称、パ軒。その名前は、創業者がドイツに留学している間、シュニッツェルをウスターソースで味付けして丼飯に載せた料理を考案し、それをカツ丼と名付けたことに由来する。ボリューミーなカツは一旦どんぶりの蓋に待避させて、ご飯と交互に食べるというのが定番の食べ方だ」

山梨県「小作」(ほうとう)

山梨県「小作」双葉バイパス店(1号店)。巨大だ ©BUBBLE-B

山梨県「小作」。具で麺が見えない!「かぼちゃほうとう」 ©BUBBLE-B

「山梨の郷土料理である『ほうとう』を提供するチェーン店、小作。巨大な日本家屋のような店舗の中は総座敷で、まさに純和風といった佇まい。そこで提供されるほうとうは、圧倒されるほどのボリューム感だ。きしめんの何倍も太い平麺の上に、容赦なくトッピングされた山菜や肉類。カボチャも大きなままゴロンと入っていて、想像以上に破壊力のある山梨の郷土料理を楽しむなら小作だ」

シェア
ツイート