トップ

千葉ホワイト餃子、山形赤湯ラーメン、福島フラミンゴのいるレストラン…「ローカル外食チェーン」各県ベスト1決定《東日本編》

BUBBLE-B 2021/03/06 コメント

山形県「赤湯ラーメン 龍上海」(ラーメン)

山形県「赤湯ラーメン 龍上海」赤湯本店。ラーメン博物館でおなじみの店だ ©BUBBLE-B

山形県「赤湯ラーメン 龍上海」の「赤湯からみそラーメン」。油膜で覆われたコッテリスープだ ©BUBBLE-B

「山形の温泉地、赤湯で生まれたラーメン店、龍上海。新横浜ラーメン博物館でも老舗の店舗として親しまれている。推しは『赤湯からみそラーメン』。分厚い油膜で覆われたスープと、中央に鎮座する真っ赤な辛味噌がインパクト大だが、食べてみるとコシのある縮れ麺が意外にも優しい味のスープに絡まり、辛味噌を少しずつ溶かして味変を楽しみながら食べると、危険なほどハマる。米沢ラーメンなどのアッサリ系かと思いきやこの破壊力、まさに山形の至宝」

福島県「メヒコ」(シーフードレストラン)

福島県「メヒコ」いわきフラミンゴ館(1号店) ©BUBBLE-B

福島県「メヒコ」の中庭では大勢のフラミンゴが一心不乱に水を飲み続けている ©BUBBLE-B

福島県「メヒコ」の名物「カニピラフ」 ©BUBBLE-B

「『フラミンゴがいるレストランがあるよ』とは以前に聞いたことがあった。いても2~3羽だろうと思っていたが、その予想は大きく覆された。なんだこの羽数は! ちょっとした動物園ではないか。そのレストランの名前はメヒコ、福島県のいわき市に1号店を構えるシーフードレストランである。中庭で飼われたフラミンゴ達を見ながら、同店名物の『カニピラフ』を食べる。とても美味しい。そしてまたフラミンゴを見て、カニピラフを食べる。とても美味しい。そのループは、自宅では絶対味わえない非日常そのものだ」

 

シェア
ツイート