トップ

千葉ホワイト餃子、山形赤湯ラーメン、福島フラミンゴのいるレストラン…「ローカル外食チェーン」各県ベスト1決定《東日本編》

BUBBLE-B 2021/03/06 コメント

茨城県「ばんどう太郎」(和食レストラン)

茨城県「ばんどう太郎」総本店。茨城のロードサイドで存在感を放っている ©BUBBLE-B

茨城県「ばんどう太郎」といえば「坂東みそ煮込みうどん」 ©BUBBLE-B

「茨城のローカルチェーン、ばんどう太郎。ロードサイドで目立つ大きな看板が目印の同店の名物は『みそ煮込みうどん』。味噌煮込みうどんと言えば名古屋の名物を想像するが、茨城にも味噌煮込みうどんの文化あり。ばんどう太郎の味噌煮込みうどんは、江戸時代から使われている樽で3年熟成させた専用味噌を使ったものだとのこと。具材がたくさん入った鍋と、柔らかな麺、そしてほっとするような味付けで、食べ応え抜群の逸品だ」

栃木県「宇都宮みんみん」(餃子)

栃木県「宇都宮みんみん」本店。「餃子通り」という道に面している ©BUBBLE-B

栃木県「宇都宮みんみん」の「ヤキ(焼餃子)」。これ以上何も必要ない完璧な世界 ©BUBBLE-B

「多くの餃子専門店で賑わう“餃子の街”宇都宮。その中でも行列のできる人気店のひとつ、宇都宮みんみん。そこで提供される餃子は、意外にもごく普通のあっさりとした素直な味のもの。強烈な薬味や肉汁といった刺激を期待すると肩透かしを食らう。でも、その素直な味こそが人気の秘訣だろう。なんせ何個食べても飽きないのだ。みんみんに行ったら、焼き・揚・水という3スタイルを全て食べるのがおすすめだ」

シェア
ツイート