江東区長・東京都議親子の「都立ゴルフ場・若洲リンクス」“私物化”疑惑

前編

広野 真嗣 ノンフィクション作家

電子版ORIGINAL

SCOOP!

ニュース 社会 政治

 東京都江東区にある都立のゴルフ場「若洲ゴルフリンクス(GL)」で、利用希望者が集中する歳末の昨年12月29日、自民党東京都連青年部青年局の区議や都議を集めたゴルフコンペが開かれていた。

 参加議員が取材に答えた。

「統一地方選に向け地元の会合があって気乗りはしなかったのですが、都連のグループLINEで『人が足りないから』といわれました。朝7時半から4人1組16人で回って、午後の最後はゲストルームで表彰式。もちろん、青年局長の山﨑一輝先生もあいさつをしていました」

若洲ゴルフリンクス ©時事通信社.

 この若洲GLは「日本一予約が取りにくい」といわれる人気のゴルフ場だ。都立若洲海浜公園につくられた公共施設ながら、先着順で行われる予約受け付けは「10分間に80回(予約電話を)かけてもつながらない」と苦情が出るほどのパンク状態が常態化して、愛好者でも年に一度行けるかどうか、だという。

 そんな大人気の公共レジャースポットを地元政治家が毎月のように利用していた疑惑が浮上している。詳しくは後述するが、年明けから都庁を揺るがす騒動になりながら、ここに至るまで内実がはっきりしない。事態を複雑にしているのは、その当事者が、統一地方選で5選をうかがうベテラン区長と都議の親子であることだ。

 筆者は、その実態を解き明かすカギとなる2つの内部資料を入手した。

若洲ゴルフリンクス人気の秘密

 第一の資料は、「若洲ゴルフリンクスの利用実績」とタイトル書きされたメモ(以下、「(1)メモ」)だ。若洲GLの運営は、東京都港湾局所管の外郭団体「東京港埠頭株式会社」が行っており、港湾局か会社の職員が作成したと見られる。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
今なら初月298円で楽しめる

  • 今なら、誰でも、この価格!

    1カ月プラン

    キャンペーン価格

    初月は1,200

    298円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    900円 / 月

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 電子版オリジナル

genre : ニュース 社会 政治