ハマスとイスラエル 悪魔はどっちだ

池上 彰 ジャーナリスト
佐藤 優 作家・元外務省主任分析官
ニュース 社会 政治 国際

「ガザの悲劇」が続くのはなぜか?

 池上 10月7日早朝、パレスチナ暫定自治区のうちガザ地区を実効支配するイスラム武装勢力ハマスが、ユダヤ教の「仮庵(かりいお)の祭り」直後の安息日をねらって、イスラエルへの無差別攻撃を始めました。ハマス側の発表で約5000発、イスラエル側の発表で約2200発のロケット弾でテルアビブを始めとするイスラエルの各都市を攻撃。同時にハマスの戦闘員が、イスラエルとガザ地区を隔てるコンクリート壁、鉄条網、検問所を突破して、イスラエル南部に越境し、外国人を含む推定1200人を殺害し、200人以上を人質として連れ去りました。

 これに対してイスラエル軍は、ガザ地区に激しい空爆を行ない、地上でも大規模な軍事作戦を展開しています。軍事作戦のさらなる拡大も示唆していて、一時的な戦闘休止は合意されましたが、停戦や和平への見通しはまったく立っていません。

イスラエルの攻撃で破壊されたガザの建物 ©AFP=時事通信社

 佐藤さんとはいつも多くの問題で意見が一致しますが、今回はややスタンスが異なりますね。

「天井のない牢獄」と称されるガザを現地取材した際、私は人々の悲惨な生活を目にして、彼らの絶望感はいかほどのものか、と言葉を失いました。ハマスの蛮行は厳しく糾弾されるべきですが、その背景にはガザの凄惨な現状がある。しかも、パレスチナの一般市民が犠牲になっているのを見るのはやりきれません。

 佐藤 ガザでPLO(パレスチナ解放機構)議長だったアラファトと面会したことなど、パレスチナ側ともわずかな接触はありましたが、私の場合は、それ以上にイスラエルとの付き合いが長く、とくにインテリジェンス専門家と濃密な関係を築いてきました。ですから、イスラエルの考えが皮膚感覚で分かります。

 ハマスの攻撃に対するイスラエルの対応は、おそらく多くの日本人には「行き過ぎ」に見えるでしょう。しかし、ハマス掃討を徹底的に行なおうとするイスラエル側の「内在論理」はどんなものなのか。これを理解せずには、この紛争を停戦や和平に導くことはできません。日本の報道にはその視点が欠けています。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
今なら初月298円で楽しめる

  • 今なら、誰でも、この価格!

    1カ月プラン

    キャンペーン価格

    初月は1,200

    298円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    900円 / 月

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2024年1月号

genre : ニュース 社会 政治 国際