ジャニーズ「新しい地図」イジメ “主犯”は嵐の元マネージャーだった

「週刊文春」編集部
エンタメ 社会 企業 働き方 芸能 テレビ・ラジオ

「ついにパンドラの箱が開いた」――。大手芸能プロ幹部はそう呟いた。公正取引委員会によるジャニーズ事務所への「注意」。巨大アイドル帝国による元SMAPメンバー3人に対する“イジメ”は極めて陰湿なものだった。嵐の元マネージャーによる驚きの手口とは。

◆ ◆ ◆

 本誌は先週号で、公正取引委員会によるジャニーズ事務所への調査を報じた。その発売前日の7月17日、独占禁止法違反の恐れがあるとして、公取委が同事務所に注意していたことが明らかとなった。

「問題となったのはSMAP解散後、2017年9月にジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎(45)、草彅剛(45)、香取慎吾(42)の3人を巡るジャニーズのテレビ局への圧力です。公取委は3人の独立後に出演番組が次々に終了した経緯を調査。昨年頃からテレビ局をはじめ、関係各所にヒアリングを行なっていました」(社会部記者)

 芸能人の契約問題に詳しい中村総合法律事務所の中村剛弁護士が言う。

「公取委の『注意』は排除措置命令や警告よりも低い措置で、現時点でただちに違反行為が認められたわけではありません。ただし何も問題がなければ注意を受けることはなく、今回のケースでは将来的に違反につながるおそれがあるため未然防止の意味での措置だった可能性が高い」

 NHKを皮切りにほとんどの民放各局も報道した。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2019年8月1日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる