週刊文春 電子版

姉は東大、兄は二段 芝野虎丸名人 父が語る子育ての布石

「週刊文春」編集部
エンタメ 社会 ライフスタイル 教育

「あの日は仕事中でしたが、職場でネット観戦していました。同僚も遠巻きにそっとしておいてくれまして(笑)。有利に見えた最終盤では『早く終わってくれ』という気持ちでした」

◆◆◆

 10月8日、囲碁界に「史上最年少タイトルホルダー」が誕生した。張栩名人を破った19歳11カ月の芝野虎丸新名人。井山裕太四冠(30)が持っていた20歳4カ月という記録を更新した。快挙を振り返るのは、父親の登志也さん(46)だ。

 

 お隣の将棋界で藤井聡太七段(17)が最年少タイトル記録を更新できるかが注目を集める中、先んじて歴史を塗り替えた芝野新名人。2014年、14歳でプロ入りし、翌年には勝率第一位賞を獲得。早くから次代を担う逸材と目されてきた。観戦記者の内藤由起子氏が語る。

「リスクを恐れずに強く踏み込む棋風。普段の研究ではAIを頼らないと公言していますが、対局ではAIが示す候補手との一致率が非常に高い。つまり、恐ろしく正確に打っているということです。

 盤に石を置く際に『パチッ』と音が鳴らないよう静かに置いたり、対局中のおやつは相手が中座した時に口にするなど、礼儀正しい人柄。お母様が作ったお弁当を持参して食べています。トマトとピーマンが苦手のようです(笑)」

新名人の家族構成は?

 

 新名人は神奈川県出身の6人家族。きょうだいは東大大学院に通う姉、東京理科大の学生で囲碁棋士の兄・龍之介二段(21)、高校生で囲碁アマチュア強豪の妹という英才揃いだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2019年10月24日号

文春リークス
閉じる