週刊文春 電子版

松田聖子と沙也加「音信不通」5年 会話は弁護士経由

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 すぐさま「一卵性母子」という言葉を想起させた「アナ雪」女優による不倫疑惑と離婚。一方、母と娘は壮絶な衝突を繰り返し、約5年前から一家は崩壊状態に陥っていた。確執の原因は、やはり「男」――。かつて「恋多き女」と呼ばれた母親は今、何を思うのか。

◆ ◆ ◆

 12月9日夜、郷里・福岡の高級ホテルで行なわれたクリスマスディナーショー。松田聖子(57)は「赤いスイートピー」を歌い始めると、目頭を押さえて天井を仰ぎ見た。

「福岡を飛び出してから39年。来年、デビュー40年を迎えます。故郷を出たときは、まさかこんなにも長い間、歌を歌えるとは思ってもいませんでした」

 花道を歩き始めた聖子は突然、客席の年老いた女性を抱き寄せ、首筋にキス。「うちの母です」と紹介すると、会場から割れんばかりの拍手が湧き起こった。

 この日、聖子はラメのあしらわれた黒いドレスや、フリルのついたピンクのドレスに身を包み「SWEET MEMORIES」や「渚のバルコニー」など往年のヒット曲11曲を熱唱。つめかけた500人以上のファンを大いに沸かせた。

「トークでは地元・久留米の思い出や年末の紅白歌合戦などについて饒舌に語っていました。チケットは全席指定で約5万円。女性歌手でもっとも高いディナーショーと言われますが、どの回もほぼ満席です。特に福岡は凱旋コンサートさながらの盛況ぶりで、聖子さんは涙を見せながらも終始上機嫌な様子でした」(会場にいた男性ファン)

初月300円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2019年12月19日号

文春リークス
閉じる