週刊文春 電子版

菅原一秀経産相「有権者買収」撮った――10月17日、選挙区内で決定的瞬間

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治

「金品とは現金のことだと思った」。「メロン贈与」疑惑を問われ、国会で支離滅裂な答弁を口にした菅原大臣。ならば今回の写真についてどう説明するのか。小誌先週号の発売日。小誌カメラマンの目の前で、菅原氏の公設秘書が有権者に「現金」を手渡していた――。

菅原一秀経産大臣

「疑惑のデパート」と呼ばれる菅原一秀経産大臣(57)の“面目躍如”だった。

 小誌先週号が発売された10月17日の夕方6時過ぎ。東京・練馬区にある「宝亀閣斎場」に一台の軽自動車が滑り込んだ。喪服を着た男は斎場のエントランスを進むと、香典袋を取り出し、恭しい様子で受付に手渡した。

 それから約20分後、斎場を出発した車が到着したのは、同区内にある菅原氏の地元事務所だった――。

 斎場関係者が証言する。

「この日、斎場で行われたのは、菅原氏の支援者である地元町会の元会長の通夜でした。多くの参列者が集まる中、菅原氏の代理として参列したのが、公設第一秘書のA氏だったのです。香典袋の中には2万円が入っていました」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2019年10月31日号

文春リークス
閉じる