週刊文春 電子版

犬の散歩代行業に300億円 孫正義「失敗お買い物リスト」

「週刊文春」編集部
ビジネス 経済 企業 マネー

「今回の決算の内容、ボロボロでございます。まっ赤っかの大赤字で……」

 孫正義社長(62)の力ない言葉で、11月6日のソフトバンクグループ(SBG)の中間決算会見は始まった。

◆◆◆

 SBGは、15年ぶりに155億円もの営業赤字を計上。原因は、孫氏が「私の情熱の97%。頭いっぱい、心もいっぱい」と語る投資規模10兆円のソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)の損失だ。

 

 経済部記者が話す。

「投資先である米シェアオフィスのウィーワークの運営会社の評価額が、1月時点の約5兆円から9月末で約6分の1の約8500億円まで目減りした。また米配車大手ウーバー・テクノロジーズも業績低迷で株価が下落。孫社長の“目利き”に疑問の声が出ています」

 ウィーワークは、イスラエル出身で創業者のアダム・ニューマン氏(40)に、孫氏自身が惚れ込み1兆円の投資を決断した。だが、

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2019年11月21日号

文春リークス
閉じる