「プロローグ 始まりの朝」|鈴木忠平

嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか  第1回

鈴木 忠平
エンタメ 社会 スポーツ

 中日の監督として8年で5度日本シリーズ進出、2007年には日本一に――。それでもなぜ落合博満は“嫌われた監督”であり続けたのか。あの言葉と采配。そこに込められた機微に選手とスタッフの証言から迫る新連載。

 

(すずきただひら 1977年千葉県生まれ。日刊スポーツ新聞社に入社後、中日、阪神を中心にプロ野球担当記者を16年経験。2019年よりフリー。著書に『清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実』、取材・構成担当書に『清原和博 告白』、『薬物依存症』がある。)

 2003年10月3日の朝、東京の晴れた空の下、私は見知らぬ町の、見知らぬ家の前に立っていた。

 そこは落合博満邸だった。

 

 スポーツ新聞の駆け出し記者だった私が持っていたものといえば、落合に対する「三冠王」「オレ流」という漠然としたイメージの他には、かれこれ1カ月も続いている中日ドラゴンズの新監督をめぐるストーブリーグにこれで終止符が打たれればいいのだが……という、どこか他人事のぼんやりとした期待だけだった。

 このシーズン途中、中日は5位に沈み、監督だった山田久志は9月上旬に続投方針から急転、解任された。そこから新監督をめぐる報道合戦のゴングが鳴ったのだ。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2020年8月13・20日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫