週刊文春 電子版

「初ヌード」ディーン・フジオカ それでも隠すのは…

「週刊文春」編集部
エンタメ テレビ・ラジオ 映画 読書

「断食、断水までして、身体をとことん追い込んでいる」(事務所関係者)

 6月30日、初の写真集「Z-Ero(ゼロ)」(幻冬舎)を発売するディーン・フジオカ(40)。そこではおディーン様の“新たな姿”を見せつけているという。

 

 

 2004年、滞在先の香港でスカウトされモデル、俳優活動を始めたディーン。11年に現在の事務所と契約した“逆輸入俳優”だ。

 その知名度を一気に上げたのが「五代様」。15年のNHK朝ドラ「あさが来た」の五代友厚役だ。爽やかなイケメンぶりで五代様ブームを巻き起こしたが、当初より彼にはひとつの“タブー”があった。

「裸です。格闘技が趣味で、肉体は鍛えられていますが、今までグラビアでの露出は少なく、『脱がせられない俳優』と言われていました」(雑誌関係者)

「脱がない」理由を、別の雑誌関係者が明かす。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年5月27日号

文春リークス
閉じる