週刊文春 電子版

「チャーター機で札幌移動」IOC貴族と“日本人奴隷”

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 経済 国際 働き方 マネー

 5月5日、札幌のテレビ塔を背に、橋本聖子・五輪組織委会長と並んで優雅な微笑みを見せる英国紳士。彼の名はセバスチャン・コー(64)。IOC委員、そして世界陸連の会長も務めるスポーツ界の大立者だ。

 彼とともに来日したのはIOC委員や世界陸連関係者。華々しいVIPたちを札幌に運んだのは、貸し切られた旅客機だった。

 札幌市で行われた五輪マラソンテスト大会の視察、小池百合子都知事らとの会談などのため来日したコー氏。その経歴は華々しい。時事通信ロンドン支局の長谷部良太記者が解説する。

5月5日のマラソンテスト大会

「陸上中距離で五輪金メダルを2つ獲得した、英国の英雄です。1990年の引退後は政治家に転身。2012年のロンドン五輪組織委会長を務め、成功に導きました。知名度と実務能力を併せ持ち、人柄は穏やか。IOC委員には昨年7月に選出されたばかりですが、既に存在感は際立っており、バッハ会長後継の有力候補と目されています」

バッハIOC会長

 男爵の爵位も有する、文字通りの“五輪貴族”。VIP御一行の移動に際し、組織委の配慮は並々ならぬものだった。札幌への移動に用意されたのはJALのチャーター機3便。

「計40〜50人が乗り込んだチャーター機が、羽田と新千歳間を往復しました。羽田では一般客と別ルートにするために、通常は国際線に利用する第3ターミナルから出発したそうです」(マラソン大会関係者)

“おもてなし”を受けて帰国したコー氏はこう語った。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年5月27日号

文春リークス
閉じる