《インサイド・スクープ》菅政権、壊れた 閣僚5人がNO!

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 政治 医療

 きっかけは「ワクチン1日100万回接種」。閣僚から首相への批判が噴き出すようになった。

「できっこないことばかり」(武田総務相)、「自衛隊出すなんて聞いてない」(岸防衛相)。

現職閣僚も小誌に「対策がブレブレで酷い」と嘆く。

「菅さんのコロナ対策は右に左にブレブレで酷い。7月末までに高齢者のワクチン接種を完了なんて無理な話で、実際は年内に終えるのがせいぜいでは。周りに人がいないのも良くない。コロナだけでも担当閣僚をたくさん指名したのに、誰も詳しい人がいないんだ」

政権発足から8カ月が経った

 小誌の取材にそう訴えるのは、現職閣僚の一人だ。強い危機感を滲ませた言葉は止まらない。さらに、こう続けるのだった。

「結局、菅さんは純粋にアスリートのために五輪をやりたいというより、『自分がいかに政権を続けるか』しか考えていない。今は閣僚の間でも五輪の話は一種のタブー。このままやったら何が起こるか分からないのに、止めるっていう選択肢はもうないだろうな」

 閣内からも飛び出すようになった菅義偉首相への批判。だが実は、同じような不満を半ば公然と吐露している閣僚はこの人物だけではない。昨年9月16日の政権発足から8カ月余り。新型コロナウイルスの第四波が猛威を振るう中、菅政権に一体、何が起きているのか。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2021年5月27日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫