週刊文春 電子版

朝乃山 裏切りの深夜キャバクラ常習犯

「週刊文春」編集部

PICKUP!

エンタメ 社会 スポーツ

 緊急事態宣言の最中、大関・朝乃山が足しげく通う闇営業のキャバクラ店。五月場所初日を2日後に控えた5月7日夜10時半、彼が待ち合わせしていたのは番記者だった。張り込みに気づいた番記者は小誌の車のドアをこじ開け――。

 花街の面影が色濃く残る東京・神楽坂。緊急事態宣言中の5月7日金曜日、歓楽街の中ほどに黒色のタクシーがハザードランプを焚いて、ゆっくりと停車したのは夜の10時24分だった。車内に差し込む街灯の薄明りで、ひと際身体の大きな男性が後部座席に座っている様子が見える。

 ところが男性は一向に車から降りようとしない。グレーのパーカーを着てフードを被った男性は、近くに停まっていた小誌取材班の車に気付いたようである。

 そして次の瞬間、路上で警戒していた“仲間”の男性が取材班の車のドアをこじ開け、ドスを利かせた声で、こう凄んできたのだ。

「お前ら週刊誌だろ! こっちは素人じゃねぇんだよ」

 脅し文句の真意は定かでないが、確かに彼らは素人ではない。タクシーに乗っている男性は、2日後に初日を迎える大相撲五月場所で土俵に立つ大関・朝乃山(27)なのである。そして取材班を恫喝した男も――。

綱取りと嫁取りを狙う朝乃山

 2019年五月場所、平幕で初優勝を果たした朝乃山は富山県富山市の出身。同県出身の優勝力士は実に103年ぶりで、故郷を大いに沸かせた。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年5月27日号

文春リークス
閉じる