週刊文春 電子版

「川崎憲次郎 開幕投手の真相」|鈴木忠平

嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか 第3回

鈴木 忠平
エンタメ 社会 スポーツ

「いい球、投げてるじゃねえか」。2回、5点を失った川崎に落合だけが笑った。

 

(すずきただひら 1977年千葉県生まれ。日刊スポーツ新聞社に入社後、中日、阪神を中心にプロ野球担当記者を16年経験。2019年よりフリー。著書に『清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実』、取材・構成担当書に『清原和博 告白』、『薬物依存症』がある。)

 開幕戦のプレーボールが迫っていた。2004年4月2日、川崎憲次郎は午後5時を過ぎるとナゴヤドームのロッカーで真新しい背番号20のユニホームに袖を通した。3年前、FAで移籍した時にもらったこのチームのエースナンバーだ。

 

 着替えをしていて、ふと気づいた。右肩が異様に前に出ているのだ。まるで関節から外れたように、あらぬ場所にいってしまっている。そこに疼くような痛みがある。

「ルーズショルダー」。球界ではそう呼ばれていた。幾多の投手を廃業に追い込んできた症状だ。それを見れば、自分の肩の内部がどうなっているのかは察しがついた。車のハンドルを握っている時、朝目覚めた時、川崎はこの3年間、何気ない瞬間にこの肩を目にしては、その度に絶望させられてきた。

 ただ不思議と今は、心が揺れない。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2020年9月3日号

文春リークス
閉じる