週刊文春 電子版

「日本製指定」厚労省納入の医療ガウンに「中国製」疑惑

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 企業 医療

 コロナ治療に携わる医療従事者を守るのがアイソレーションガウン、つまり医療用の使い捨てガウンだ。

 しかし、このガウンをめぐり“産地偽装”というべき疑惑が浮かび上がった。

  厚労省が、医療用ガウン3100万枚を製作する企業を公募したのは昨年12月14日のことだった。

「医療機関への無償配布や、備蓄のために募集しました。納期は3月19日で、既に納入済みです。コロナ関係の医療現場やワクチン接種にも使われる予定です」(厚労省コロナ対策推進本部・マスク等物資対策班)

 公募にあたり、厚労省がつけた条件が「日本国内縫製品に限る」。縫製前の裁断パーツを海外で準備することはよいが、縫製は日本国内限定としたのだ。

 1月8日に契約を結んだ20社のうち、2番目の17億3800万円分を契約したのが、防災用品専門会社の「船山」(新潟県)だ。

 納品量が多く、スケジュールもタイト。船山はアパレル会社のニューズ・トレーディング(以下NT社 東京都)に製作を丸々発注したのだが……。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年6月3日号

文春リークス
閉じる