週刊文春 電子版

駐車、ゴミ出し…長澤まさみ“熱血指導”で脱落者続出

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 映画

「もうわからない、あの人の考えていることが」

 5月23日放送のドラマ「ドラゴン桜」(TBS系)でそうボヤいたのは、長澤まさみ(33)扮する弁護士の水野直美。元暴走族の弁護士・桜木建二に振り回される元教え子を演じているが、役とは裏腹に――。

 毎週2桁の視聴率を誇り、今期トップを走る「ドラゴン桜」。前作から16年ぶりの続編に長澤が出演することも話題となった。

今期視聴率トップの「ドラゴン桜」(公式サイトより)

「前作の頃は若手注目女優の一人に過ぎなかったが、今は正真正銘のトップ女優。主演の阿部を引き立てる脇役ですから、断る選択肢もあったはず。しかし、『大好きな阿部寛さんがやると言ったら、ついていこうという気持ちになった』と答えていました。プロ意識が高く、現場の飲み物には手を付けずマイ水筒を持参しています」(スポーツ紙記者)

 今春、「MOTHER マザー」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を初受賞。また「コンフィデンスマンJP プリンセス編」も評価されて日刊スポーツ映画大賞などを受賞し、女優として脂が乗っている。

 その「コンフィデンスマン」の撮影場所は、マレーシアのランカウイ島だった。

「メインキャストは島の高級リゾートホテルに19年9月から長期滞在しました。長澤さんは大きなトカゲを見つけてハシャいだり、ホテルのレストランで肉料理を堪能したりと、とっても楽しそうでした。いつも隣には若い女性マネージャーのAさんが一緒で、仲良さそうに笑い合っていましたね」(映画スタッフ)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年6月3日号

文春リークス
閉じる