週刊文春 電子版

記者暗殺、強姦殺人、麻薬密輸 マフィア告発でトルコ政界激震

THIS WEEK「国際」

近藤 奈香
ニュース 社会 政治 国際
閣僚の疑惑を告発するペケル(YouTubeより)
閣僚の疑惑を告発するペケル(YouTubeより)

「我らが兄弟姉妹よ、真実は見かけとは全く違う」

 カメラに向かってそう語りかけるのは、トルコで有名なマフィアのボス、セダット・ペケル(49)だ。「トルコ政府に復讐を行う」と宣言し、大臣やその親族の“疑惑”をYouTubeで5月から次々と暴露。公開された9本の動画は計8000万回以上再生され、トルコ国内に激震が走っている。

「ペケルは、元内相が2人のジャーナリストの暗殺に関与し、うち1件は自身の兄弟が依頼を受けたが失敗したと明かした。また元内相の息子がカザフスタン人女子大学生を強姦後に殺害したと仄めかした。さらに前首相の息子がベネズエラに行きコカイン密輸ルートを設立し、政府高官がシリアのテロ組織に武器を提供したと告発。得た金は内務省の支援を受けた“汚職ネットワーク”によって隠蔽され、トルコ政府までたどることはできないなどとも語った。ただ、証拠は示しておらず、真偽は不明です」(トルコ人ジャーナリスト)

 ペケルは恐喝、不法監禁や殺人の扇動、犯罪組織の設立などで何度も服役。自身を担当した弁護士と2008年に獄中結婚し、娘が2人いる。エルドアン大統領(67)の熱狂的支持者で、「兄貴」と呼んでいる。

「エルドアン氏が党首の公正発展党の集会を組織したり、同党の政治家から要請を受けて15年に新聞社の襲撃を企てたりしたことも明かしています」(同前)

 03年から政権を率いるエルドアン氏は、16年のクーデター未遂事件以降、反対勢力を徹底的に弾圧。ジャーナリストを毎年何十人も投獄し、欧米から「独裁者」と批判されてきた。

 ペケルが告発を始めたきっかけは、警察の捜査が家族に及んだからだった。

「トルコ政府とペケルが不和になった後の今年4月、自宅への強制捜査を許可したのが、スレイマン・ソイル内相(51)でした」(同前)

 昨年末から国外逃亡し、現在ドバイに滞在中とみられるペケルは「捜査で家族が虐待された」と激怒。ソイル内相からリークがあったから逃亡できたと言い、彼は駆け出し時代に政敵と闘うため助けを求めてきたとも証言している。

 一方、ソイル内相は「狂った男の言葉は相手にしない」と反発。エルドアン氏も「(動画は)トルコに対する攻撃だ」と非難。トルコ検察は大統領に対してクーデターを企てた人物と共謀したとして、ペケルに逮捕状を出した。

「国民は政府もメディアも信頼しておらず、世論調査によれば、ペケルの主張を75%の国民が信じているのです」(同前)

「次は大統領について話す」とペケルは予告している。

source : 週刊文春 2021年6月17日号

文春リークス
閉じる