週刊文春 電子版

小川彩佳(36)と離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 テレビ・ラジオ
小川アナは報道に異例のコメント
小川アナは報道に異例のコメント

 6月2日配信の「NEWSポストセブン」で離婚協議入りを報じられた「news23」(TBS系)のキャスター・小川彩佳アナ(36)。かたや医療ベンチャー「メドレー」取締役で、夫の豊田剛一郎氏(37)は……。

 小誌が今年2月4日発売号で報じた豊田氏の「産後不倫」。小川アナが出産した後も、豊田氏は“白ビキニ愛人”ことA子さんと肉体関係を重ねていた。

「小川さんも直後は『離婚も考えているけど、子どもも小さいから……』と漏らしていました。でも次第に吹っ切れた様子になり、スタッフにも自ら声をかけるようになった。5月に入った頃には、代理人を立てて“リコカツ”を開始しています」(TBS関係者)

 ただ今回、異例なこともあった。ポストセブンの報道に対し、小川アナはその日のうちにTBSを通じて〈事実誤認があります〉とコメントを出したのだ。

 
全ての画像を見る(3枚)

「『プライベートには答えない』との姿勢を貫いてきた小川アナには珍しいコメントです。『事実誤認』とは、財産分与が10億円などと報じられた点でしょう。彼女の潔癖な性格からして、“銭ゲバ”のように見られる報道は許せなかったのだと思います」(小川アナの知人)

 今後は、医療ベンチャー「オトリンク」社長に就任した医師の父親や、“母子密着”と言われるほど絆が深い母親が子育てをサポートしていくと見られる。

「小川アナは『仕事にもっと集中したい』と語っていますが、番組は視聴率4%台と低空飛行。しかも彼女をTBSに招いたチーフプロデューサーが異動したり、当初“小川番”だった女性ディレクターが最近産休に入るなど、信頼する社員が次々番組から離れています」(別のTBS関係者)

 一方の豊田氏はどうか。小誌の報道後、代表取締役を辞任し、ストックオプション16億円分も放棄。4月には家族と暮らしていた高層マンションを出て、ホテル暮らしをしているという。

現在は資産150億円とされるベンチャー夫

「以前と異なり、メディアへの露出は皆無になりましたが、4月26日には菅義偉首相と近い神奈川県の黒岩祐治知事と面会するなど、精力的に仕事をしています」(メドレー関係者)

 豊田氏が“精力的”なのは、仕事だけではない。親しい仲間には、こんな一言を漏らしているというのだ。

「今からなら、遊んでも慰謝料は増えないかな」

 豊田氏の知人が胸中を代弁する。

「豊田さんも離婚には合意しており、小川さんには未練はありません。子どもに会えてないそうですが、寂しげな様子はあまりなかった。豊田さんは『婚姻期間も短かったし、株は別でしょ』などと主張しているようです。婚姻前から保有していたメドレー株のことを指しているのでしょう。評価額は100億円を超えますが、一般的には財産分与の対象からは外れます。他方で、そろそろ“遊び”を再開させたいというのが彼の本音です」

 TBSに小川アナが「事実誤認」と指摘している部分などについて尋ねたが、

「キャスターのプライベートについては、従来、お答えしておりません」

 一方、メドレーにも豊田氏の発言や財産分与などについて確認を求めたが、

「回答は差し控えさせていただきます」

 不倫報道から4カ月。2人は別々の道を歩み始める。

豊田氏と“白ビキニ愛人”

source : 週刊文春 2021年6月17日号

この記事の写真(3枚)

文春リークス
閉じる