週刊文春 電子版

ワクチン接種「完全ガイド12」《かかりつけか大規模か》《熱が出たら》《副反応の見分け方》

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 医療 ヘルス

 65歳以上(1957年4月1日以前生まれ)の2割が1回目の接種を済ませた、新型コロナウイルスのワクチン接種。6月末までに64歳以下への接種も始まる予定だ。さまざまな疑問や注意すべきポイントを専門家が徹底解説する。

 住んでいる地域によっては接種会場を選ぶことができる。まず悩むのが、

 (1)政府や自治体が設置した大規模接種会場か、かかりつけ医か。

 日本感染症学会ワクチン委員会委員長の西順一郎・鹿児島大学教授が言う。

「予約が早く取れる方で接種しましょう。ただし、がんの治療中だったり、リウマチなど免疫抑制剤を使っている病気の方は治療のタイミングがあるので、かかりつけの方がよいでしょう」

西教授

 診療の合間に一日30人に接種を行っている池袋大谷クリニックの大谷義夫院長が言う。

「かかりつけはカルテがあるので問診は楽で、患者さんも安心できます。大規模接種だと医師は初対面なので問診を丁寧に行う必要があり、時間がかかります」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年6月17日号

文春リークス
閉じる