週刊文春 電子版

あなたが食べてる中国「汚染野菜」 業者が悪質手口を実名告白 あぶない品目リスト付き

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 国際 企業

 かつて“毒菜”と呼ばれた中国からの輸入野菜。今も中国野菜はわが国の輸入量の過半数を占めている。残留農薬、カビ毒……現在の状況はどうか。取材の先に見えたのは相変わらず違反を繰り返す中国企業の巧妙な手口。あなたが口にする中国野菜は本当に大丈夫か。

「一昨年の11月、国内の取引先の1社が、中国企業から納入したニンジン80ケースを開けたんです。すると、ネズミがかじって黒く変色したものや、ビニール片、髪の毛のようなゴミが入っていた。現地農家と栽培契約した野菜を入れていたら、こんな品質の野菜が、検疫をすり抜けて日本に来ることはありません。

 私は輸出した中国企業をよく知っていますが、品質の悪い野菜を日本へ入れる行為は許せない」

ネズミがかじり、異物の混入したニンジン。後ろは中国側の検疫書類の例

 そう怒りを込めて語るのは、20年以上、中国産野菜の輸入を手がける食品会社「LIU」(長崎県)の伊藤龍行社長(59)だ。

 2000年代初頭、「中国野菜の47%に残留農薬」というショッキングな報道がされ、「毒菜(ドクチョイ)」とまで呼ばれた。

 それゆえ日本人は中国産野菜の品質に敏感だが、現在の状況はどうなのか。

 今も、日本に輸入される中国野菜は多い。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年6月17日号

文春リークス
閉じる