週刊文春 電子版

西浦教授 内部告発70分「菅官邸は尾身提言を潰そうとした」

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 政治 国際 医療

「今の状況でやるのは、普通はない」。尾身会長の発言に菅首相は「なんで尾身さんが言うんだ」と苛立ちを募らせたという。水面下で続く菅官邸と専門家たちの“暗闘”。そうした中、厚労省アドバイザリーボードの一員でもある西浦教授が小誌に明かした事実とは――。

 東京五輪の開会式まで残り約1カ月半、専門家たちが“決起”した。

 6月2日の衆院厚労委員会。政府のコロナウイルス感染症対策分科会・尾身茂会長の口から飛び出したのは、こんな言葉だった。

「今の状況で(五輪を)やるというのは普通はない」

 それまで尾身氏が公の場で五輪開催の可否という政策判断に踏み込むことはなかっただけに、発言は大きな波紋を呼んでいく。

五輪に危機感を抱く尾身会長

 さらに2日後の6月4日の衆院厚労委員会では、

「感染リスクについて近々、関係者に考えを示したい」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年6月17日号

文春リークス
閉じる