週刊文春 電子版

「宇野勝 勝つための掟」|鈴木忠平

嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか 第10回

鈴木 忠平
エンタメ 社会 スポーツ

「低めの球を振るな」と打者に課す落合。打たせることが仕事の宇野は苦悩する。

 

(すずきただひら 1977年千葉県生まれ。日刊スポーツ新聞社に入社後、中日、阪神を中心にプロ野球担当記者を16年経験。2019年よりフリー。著書に『清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実』、取材・構成担当書に『清原和博 告白』、『薬物依存症』がある。)

 宇野勝は1塁側ベンチから、バックスクリーンのスコアボードを見上げた。リードは1点だった。

《このままでは終わらないだろう……。終わるはずがない》

 

 中日は2回、日本ハムのエース・ダルビッシュ有から、19歳、平田良介の犠牲フライで先制した。

 ただ球界には、伏兵の挙げた点で勝負は決まらない、という言葉がある。そういう試合には必ず最後に波乱があると言われている。ましてやこれは日本一を決める舞台なのだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2020年10月22日号

文春リークス
閉じる