週刊文春 電子版

「私に2000万円払えるんですか」熊田曜子はソレを我慢できない 夫、“シッター”、元カレが明かす

「週刊文春」編集部
エンタメ 社会 芸能

「孫の気持ちが一番心配です。毎日、一緒に勉強していましたから。私にとっても楽しい、楽しい時間でした。曜子さんも『有難うございます!』と言ってくれていたのに。息子がDVなんていうのも信じられず、悪い夢を見ているようです」

 憔悴した様子で小誌の直撃に答えたのは、熊田曜子(39)の義母である。

 5月18日未明、熊田は会社経営者の夫・A氏(38)から暴行を受けたと警察に通報。A氏は顔に手が当たっただけと暴行を否定し、逮捕2日後に釈放されたが、捜査は継続中だ。その後、熊田は夫のDVを理由に離婚の手続きに入り、子供の親権を要求している。

 熊田には3人の娘がいるが、その“母親ぶり”について、A氏の代理人の弁護士が語る。

「A氏の逮捕後もいつもと同じように、長女を義父母宅に預けていたのです」

 共働きのA氏と熊田は平日、小学3年生の長女を放課後、近所のA氏の両親宅に預け、下の2人は幼稚園に夕方まで預けていた。

「教員免許を持つ義母が長女と次女に勉強を教え、バイオリンなどの習い事にも連れて行っていた。孫3人に夕食を食べさせることも多く、熊田さんが迎えに来て、一緒にお風呂に入って帰ることもよくあったそうです。事件の3日前には熊田さんの誕生日パーティーを開き、義母の手料理でお祝いしました」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年6月24日号

文春リークス
閉じる