週刊文春 電子版

ズバリ解決 ワクチンの悩み

《解熱剤はいつ使う》《接種会場頻発トラブルは》《2回目は何日後が効果的?》《接種前に食べてはいけないモノ》《恋人も?職域接種は誰までOK?》《「胸が痛い」要注意“副反応”とは》

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 医療 ヘルス

 国民の1割以上にあたる1300万人が2回目の接種を終えた新型コロナワクチン。だが、供給不足も懸念され、職域接種の申請が中止に。接種が進むにつれ浮かんできた疑問や研究結果を専門家たちの知見をもとに徹底解説する。

 高齢者の新型コロナワクチン接種がスタートしてから3カ月。約24%の高齢者が2回の接種を終え、職場や大学での職域接種も進み、全年齢で1回目の接種をした人口は約17%に。

 

 先週号では「打つ前と後に読む! ワクチン接種マニュアル」と題して、接種に関する疑問を解説した。

 ただ、接種が進むに連れ、“やるべきこと”、“やってはいけないこと”など新たな知見が得られている。副反応への対処法や、接種前後には何に気をつけた方がいいのか。専門家のアドバイスをもとに、悩みを解決していこう。

 今、脅威を増しているのが、インド由来の「デルタ株」だ。6月23日に行われた厚生労働省の専門家会議で、感染力が従来株の1.95倍であることが示された。京都大学大学院の西浦博教授らの研究チームは「7月23日の東京五輪の開会式時点では、感染全体の約69%を占め、8月12日に9割を超える」と予測している。

 1回目の接種を成人人口の8割が終えたイギリスでデルタ株による感染が拡大。予定されていたロックダウンの緩和も4週間延期したが、6月下旬から一日あたりの新規感染者数は1万人超えが続いている。

 日本でもデルタ株が蔓延し、「ワクチンが効かなくなるのでは」という不安を抱える方は多いだろう。インペリアル・カレッジ・ロンドンの小野昌弘准教授が解説する。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年7月8日号

文春リークス
閉じる