週刊文春 電子版

佐々木希「離婚しない」――渡部不倫「全内幕」

「週刊文春」編集部
エンタメ 社会 芸能

「全番組の出演を自粛」。その一報が流れた時、記者はまだ一行も原稿を書いていなかった。なぜ彼は小誌発売を待つことなくあっさり自粛を決めたのか。また裏切られた妻佐々木、相方児嶋の彼に対する思いはいかなるものか。小誌でしか読めない不倫スクープの全内幕。

◆ ◆ ◆

 6月15日の夕刻、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(47)は、東京都内で所属事務所「プロダクション人力舎」の玉川大社長と顔を突き合わせていた。妻で女優・佐々木希(32)のことを問われると、渡部は顔を歪めた。

「まだ子供も1歳ですし、離婚したくありません。まだ彼女はちゃんとこっちを向いてくれている状況です」

 重い沈黙の末、渡部は奥歯を強く噛み、繰り返し妻を気遣う言葉を呟いた――。

 小誌が渡部の複数の女性との不倫関係を報じたのは、その4日前のことである。

 佐々木と交際中の2017年から渡部と親密な関係を続けていたA子さん、結婚後も六本木ヒルズの多目的トイレなどで肉体関係を結んでいたB子さんなど、複数の女性との関係が詳らかになったのだ。

6月11日発売の「週刊文春」

「文春の直撃取材後、渡部は女性に次々と連絡を入れていた。その途中で佐々木に電話を代わり相手女性と直接会話させるなど、夫婦が修羅場を演じていたことも大きな話題となりました」(スポーツ紙記者)

 今回のスキャンダルは異例の経過を辿った。

「週刊文春に女性問題が出るため活動を無期限休止します。全番組を自粛させていただきたい」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2020年6月25日号

文春リークス
閉じる