平井デジタル相 タニマチ会社が6億受注の怪 資産公開法違反の疑い

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治 企業

 五輪アプリからNECを排除し、NTTから連続接待を受けていた平井デジタル相。その五輪アプリを再委託先として受注していたのが、とあるIT関連企業だ。平井氏自身も同社の株を8400株保有していたのだが――。

 7月2日夕方、東京・平河町のホテル「ルポール麹町」で、ある政治資金パーティが開かれていた。

「残念ながら平井大臣は総理からですね、閣僚の皆様はパーティに出ないように、ということでございまして。平井先生はちょっと最近大変な思いをされておりますが、その余波が私のところにも来ていまして、『あなた仲良いでしょ』って」

 パーティの冒頭でこう挨拶したのは、主催者の政治団体「デジタル社会推進政治連盟」会長で、IT関連企業「豆蔵ホールディングス」の社長を務める荻原紀男氏(63)だ。

豆蔵HDの荻原社長(同社HPより)

 一方、その荻原氏が「仲良い」と語る平井卓也デジタル相(63)。こんなビデオメッセージを寄せていた。

「今日はあいにく、公務で駆けつけることができません。デジタル庁のスタートまで時間はあまりありませんが、皆さんと一緒になって、何とか順調な船出をしたいと思っております」

 同じ1958年1月生まれという平井氏と荻原氏。そんな2人の関係が、デジタル庁の関連事業で――。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2021年7月15日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる